感情の爆発と感情の押し殺しは、破壊的な結果を生む

Artlosophy セッション
モンテソーリとジョブズが体得した哲学と感性

      ◆ ◆ ◆


最近、感じたことで こんなことがある。
人は 感情の出し方で、まるっきり違う結果を産み出すということ。

単純に言えば、
感情爆発も、感情の押し殺しも、感情表現がうまくいっていない、ということ。

それは、多くの誤解と問題を招く原因となる。


感情は、その人の大事にしている思考に依存し、
思考は価値観に所属している。

感情の爆発も 感情の押し殺しも 
建設的ではないが、
自分の価値観を優先させると、そのどちらかにかたよってしまう。


その時に、
自分の思考の声、発している声を客観的に聴けるようになることはとても大事。

それで目が覚めることがあるから。

そうやって、はっとして、
どなるのを止める。
押し黙るのを止める。

そのどちらも、
戦争を産み出していることに気づかないとならない。




◆どうやってそれをできるようにするのか?
思考している時の声に敏感な人はまだまだ少ない。
意地悪な声で物事を考えるとき、不協和音を産み出す。
批判的な声で物事を考えるときも同じ。
相手の気持ちを考えないビジネスライクな声も同じ。
恐れをもって声に出すのも同じ。

黙っていても、
あなたの思考の声は外に漏れて相手に伝わっています。

どのような場面でも、調和を創りだす、という決意でいると、
知らず知らずのうちに、思考する際の声が変わってくる。

どのような声で思考すればいいのか?
どのような感情をこめたらよいのか?






◆会社の平和・家庭の平和は自分自身の内面から
自分の内面に好き嫌いが一杯ある人は平和にはなれない。
平和がないと調和の感覚すら分からない。

調和の感覚。至福の感覚。

その感覚を知ることが、人間関係をスムースにする、もっとも簡単で速い方法です。

b0240027_14121313.jpg




◆個人セッションのご案内
内面の至福の感覚を体得し、知的に理解し
使えるようにすることは幸せへの近道です。



<Artlosophyセッション>
 モンテソーリとジョブズが体得した哲学と感性
 Artlosophyでは、五感・身体・知性の力をつなぎます。


人はそれぞれ、五感を伴う個性の特徴があります。その特徴に基づいたワークとセオリーを体得すると
見違えるほど
自分の感情のあつかい方が変わります。


ご興味のある方は
詳しくはこちらをお読みください。
ブログアーカイブ:人生の道に迷うあなた。
命をまっとうしたいあなたへ。>>click link <<


感情のコントロールは
感情を俯瞰することと
修める手段を持つことで可能になります。

個人セッションご希望の方は、先のブログをお読みなりそれから
下記フォームより
お問い合わせくださいませ。






#人間関係悪化
#冷戦
#人事異動
#コミュニケーションの断絶
#好き嫌いが激しい
#世界平和


[PR]
by universal-udcc | 2016-05-23 10:20 | 大人の遊び場 ZERO STUDY