エグゼクティブに必要な哲学:スティーブジョブズが学んだセオリー

これからお伝えすることは、アップルの創業者ジョブズや
Face Book のマークザッカ―バーグが、感覚的にも知的にも身に着け、
感性と知性を統合した感性と意識を繋ぐものです。

・・・・・・・・・・・・・

こんなことがあります。
  自分の身の周りには、
  自分の本当の学び(=調和的なエネルギーを使うこと)を成就させるために
  必要な人が集まってくる。

万が一 気にいらない人がいて、追い出してしまっても
調和的な力を使えるようになるまで

そのような出来事が繰り返し起きてくる、
それを知らないとならないですね。


巷では何が起きているか、ちょっと観てみましょう。


◆気持ちを大事する人は、概して傷つきやすい。

ここで、まず大事なのは
気持ちは 「考え方」=「自分の価値観」から出来ている、ということ。
しかし、気持ちが価値観から出来ているってことを気づかない人が多い。


もし、
あなたが「立場・善悪・有名無名・能力・学歴」というもので
価値観の土台に創っていたら、

それが強ければ強いほど、
自分の憤りや
傷つく度合いや、他人に振り回される度合いがものすごく大きくなります。
他人を介し、色んな感情、考え方が起きて来ます。



怒り、
嘆き
悲しみ
不安
迷い
恐れ
欲深さ



相対的な価値観が多いと、
このようなネガティブなエネルギー状態に
自分を簡単に落とし込めてしまうのです。


では、どうしたらいいの?






◆相対的な価値観ではなく普遍的な価値観を土台にする。

普遍的な価値観というものは、
人の暮らしや仕事をするうえで、一番スムーズに物事を運ぶ価値観です。

それをしっかり知ったうえで、
自分の持つべき価値観を吟味すれば、
何が携えるべき価値観か、はおのずと分かって来ます。

こうした価値観なく、
普遍的な言動、行動、思考は出来ません。


普遍的な価値観をしっかり持ち、

自分を眺める力、
観察力
洞察力
判断力
識別力
達観力
俯瞰力が しっかり身に付き、


それを、すべの領域に応用できるようになるのです。





◆自己観察をできるようになると
自分の力の全てをコントロール出来るようになってくる


大抵の方は、自分の得意分野で
こういう力を利用しています。

しかし
それは無意識的に使っているので

b0240027_00424644.jpeg
ジョブズは、インドに行って人生を変えた。ものの見方、価値観を変えたのです。






ほかに応用が出来ないのです。

それを、どのように気づき
使えるようにしていくのかが、
この場所の役割です。

いかに眺めることを習慣化し
自分の行動を創りだす価値観を眺める観察力を高めるか、それがキーポイントです。




◆どのように気づき、自分のものにするのか?

五感を遊ばせるワークは、
このようなインド哲学の難しいセオリーを
簡単に身につけることが出来ます。


聴く・発する声のワーク
言葉のワーク
カラーワーク
デッサンワーク
食のワーク
呼吸ワーク

様々なワークで、
五感・感情・思考・身体をつなぎ
最大の自分の力を引き出せるようになります。





◆エグゼクティブのための感性意識コース
マンツーマン対応
食の指導・呼吸法もお伝えします。

その他、ご要望に応じてそれに特化した
プログラムを行います。

目的にあった哲学を体得にかかる期間は個人差があるので
お問い合わせフォームより、お尋ねください。



・個人セッション 1.5h 3万円

・コースはカスタマイズしますので、お問い合わせください。






◆ ブログアーカイブ
•今日本人に必要なチカラとは

•感性遊びガイド プロフィール


•感性遊びガイド
Cecilia K Art Works page >> Cecilia K Art work click here



•Face Book Juma 公式page



•究極のワークシリーズメニュー

•ジョブズの道を決めたのは


•真のリーダー教育とは?



















[PR]
by universal-udcc | 2016-05-22 15:28 | 大人の遊び場 ZERO STUDY