ジョブズがインドの叡智から学んだこと:お父さんの遊び場 ZERO STUDY

実はスティーブジョブズはインドから、
経営とデザインを形にするための、統合感覚を学んだ。


b0240027_18574980.jpg



モンテッソーリ教育は、よき教育の手本とされていて両家のお子様はその教育を受けることがステータスのようになっていますが、

もともと、彼女の教育の根幹になる天啓を与えたのは、実はアジア人として初めてノーベル賞を受賞した詩人・教育家・画家、タゴールです。

彼女は、タゴールから東洋哲学を学んだのです。


◆タゴールは東京芸大の創立者、岡倉天心にもそれ、「東洋哲学における自然、人間、物事の理」を伝えました。

そしてそれは、
芸大にまなんだ「美術教育を人間教育に高めた日本の先駆者」=「日本人として初めてロダン美術館で個展を開いた佐藤忠良、モダンアート協会会員画家 多摩美短大教授 阪本文男」に受け継がれ、JUMAメソッド研究者
齋藤セシリアかおるにより
東洋哲学と造形教育が統合されました。


自然を観察する力は、自己観察を生み、
それが自分、人間を健やかに育てる確実な道です。

◆美術教育界の三本指といわれた阪本文男は「ドイツの造形教育、バウハウス運動」を研究してそれを指導に取り入れていました。
バウハウスのデザイン理論は「自然と人間」に立脚した造形教育です。

アップルのコンピュータやiPhoneのデザインはバウハウスエッセンスから生まれたのです。



◆丁寧に感性を育む  JUMAの造形ワークを家庭で実践することは、
個人の様々な能力を発露し
人間関係に調和をもたらし
創造性をたかめます。

それは、企業の理想とする在り方、
社員の心身の健全さを培い、
リスクマネジメントが確保されます。

そうして、企業は安全に、よい環境を育み
市場の望みと自社の望みを一致させる統一感を持って、利潤をあげながら、進化、成長してゆくことができます。




◆ 企業教育研修への
お問い合わせはメッセージにて。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タゴールは1861年5月7日、ベンガル州カルカッタの名門タゴール家に七人兄弟の末っ子として生まれた。タゴール家はタゴールの祖父の代にカルカッタ有数の大商人として成長を遂げた家であり、また父のデーヴェンドラナート・タゴールは宗教家として著名であった。

1902年にはインドを訪れた岡倉天心と親交を結び、1913年の天心の死までその交友は続いた。

1909年、ベンガル語の詩集『ギタンジョリ』を自ら英訳して刊行する。これは詩人のイェイツに絶賛され、評判となった(イェイツはこの詩集の序文も贈っている)。

1913年、アジア人として初のノーベル賞となるノーベル文学賞を受賞する。翌1914年、イギリス政府からナイトに叙される。

またマハトマ・ガンディーらのインド独立運動を支持し(ガンディーにマハトマ=偉大なる魂、の尊称を贈ったのはタゴール本人とされる5)、ロマン・ロランやアインシュタインら世界の知識人との親交も深かった。

マハトマ・ガンディーと同様にマリア・モンテッソーリのインド滞在時にはモンテッソーリとの交流を経てモンテッソーリ教育を真の平和教育と賞賛、強く支持していた6。 ドイツのノーベル賞物理学者ハイゼンベルクには、東洋哲学を教えている。

死後もその文学への評価は高く、1950年1月24日には独立したインド議会によって、タゴールがベンガル語で作詞し作曲したジャナ・ガナ・マナがインド国歌に採用された。また、パキスタンが民族・地域対立によって東西で激しい対立が起こるようになると、東パキスタンはアイデンティティをベンガル語に求めるようになり、ベンガル語世界の生んだ最大の詩人であるタゴールの評価も高くなっていった。

1970年のバングラデシュ独立戦争時には、タゴールが1905年に作詞作曲した我が黄金のベンガルよがバングラデシュ解放軍によって歌われるようになり、独立後の1971年1月16日には正式に国歌として採用された。

1929年を最後に、タゴールは来日することはなかった8
1959年、東洋大学学長大倉邦彦、評論家山室静、平凡社の下中弥三郎、中村元らによって、タゴール記念会・タゴール研究所が設立。タゴール研究やベンガル語の講義が行われた。1961年にはタゴール生誕100年祭が開催、アポロン社から『ギーターンジャリ』『タゴール撰集』が出版された。1981年、森本達雄が中心となり、『タゴール全集』が出版された8
日本語訳著作[編集]
タゴール詩集―ギーターンジャリ(岩波書店、岩波文庫)
ギタンジャリ(第三文明社)
人間の宗教(第三文明社)
もっとほんとうのこと―タゴール 寓話と短編(段々社)
タゴール 死生の詩(人間と歴史社)
タゴール著作集(第三文明社) 
ベンガルの苦行者(未知谷)
迷い鳥たち(未知谷)
わが黄金のベンガルよ(未知谷)
幼な子の歌(日本アジア文学協会)

出展:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB


[PR]
by universal-udcc | 2016-02-05 18:59 | 大人の遊び場 ZERO STUDY