UDCC活動内容


NGO UDCC: Universal Diet Cooperation Center

Q:名前の由来となったUniversal Diet :ユニヴァーサルダイエット国際共通食とは何ですか?
A:日本語で簡単にいえば精進料理・100%野菜・穀物・果物など植物を由来とした食品・食事スタイルのこと。 ここではさらに一歩すすめ、立場民族文化宗教性別等、全てのボーダーを超え、世界中の人々が食べているもの。

★使命: 国内外の良質の植物原料食品の選定、食べ方、育て方、のそれらの普及販売協力活動。
平和的未来社会を目指す全ての人々や子どもたちの為の教育支援活動。
家族の健康や環境保全意識を促す為の食にまつわる知識普及活動。
各プロジェクトで得た利益を、貧困地域の安定的平和的経済発展的改善に役立てる活動。
その他、緊急時における各該当地域への国際共通食の援助活動。

★理念: 全世界のどのような状況の地域民族同士であっても文化宗教を超え、明るく健康で健全互いに尊敬できる調和的世界を目指す。 地球に生きるいかなる生物の生命をも重んじ思いやりと尊敬しあえる関係を築く。

★国際共通食を軸にして全てが連動しているプロジェクトの数々
    1: 柱となる活動:国際共通食に関連する情報や知識を、活動を実施する地域に直接、または、各メディア機関への向けた広報活動をメディアグループと連携し行う、活動支援を支援するための普及活動。

2: 農業ビジネスプロジェクト
   国内外:地域特性を考慮にいれ、オーガニック農産物の栽培やその技術習得機会や知識の共有を目指す。
その農業に関わる教育支援活動と普及活動。またそれにより収穫された農産物の市場へのルート作り。
プラン)国内外の有機野菜や穀類などの流通販売網確保→例)インド・ネパールからのフェアトレード。
    地球は私たちの家であり、世界と日本を繋ごうという意識を関わる生産者と消費者の両方に育てる。

3: 文化教育プロジェクト:主に貧困地域の学校。
  各地域に残る無形有形の文化遺産(一部例ヒンズー文化:ヴェーダ、ヨガ 等)を学びなおすことで、普遍的な生き方のヒントを得て、心身の健康、人間関係における信頼と協力関係を高め、各プロジェクトの理想達成結びつけ、次世代への価値ある精神的遺産を引き継ぐ活動。
※国際共通食とそれに関わる全ての知識とその食事の普及を軸にした、全ての教育支援及び普及活動。支援する側 される側の両方が常に理念を基盤に相互理解し協力関係を築けるようにする。

4: 持続可能な社会の為の食生活改善プロジェクト:国内外。
   心身の健全な発達を目的とした国際共通食:UDCC推奨食育プログラムによる料理教室の開催。
   それにともなう持続可能な社会を導く国際共通食の有用性を啓蒙する全知識の提供と発信。

5: アートプロジェクト
・国内外:アートを通じ自分の力で精神の活性化を促進する方法を国際共通食とともに伝える。
・発展途上国の村の地域に沿う植物由来原料を主たる材料にしたアート産業を起こし市場へ販売し
農業収入だけで足りない経済を補てんし子供たちの学費等への援助や学校への援助をする。
プラン)雑木などを利用し紙を作りグリーティングカードなどの作り方を指導しプロダクトを制作する。
   テーマ)精神文化、環境保護や自然等、未来の持続可能な社会への学びの機会にできるもの。
[PR]
by universal-udcc | 2012-01-09 15:39 | Who is UDCC